ゆるマイラーさっきーの空旅マイル

航空マイルを貯める為のポイントサイトや旅行記をお送りします。

ANAとJALの2022年のGW予約状況:まだまだ厳しいですね

 さっきーです。

 2022年4月に入り、コロナウイルス感染者も高止まりですが、まん延防止等重点措置も発出される事も無くGWに入れそうですが、ANAとJALから、GWの予約状況が発表されました。

2021年のGWの実績

 2021年のGWは、コロナウイルスによる緊急事態宣言の発令やまん延防止等重点措置が発出されてました。  

www.sakky-promiler.com

www.sakky-promiler.com

ANAの状況

 ANAの2022年GW期間(2022年4月29日(金)~2021年5月8日(日))の予約状況になります。

国内線

 座席数は150万席以上用意されていますが、予約数としては、78万人程と約60%位になっています。

 各方面の座席数を見てみると、中国・四国、東北・北陸方面が大きく増えています。

 座席数は、九州向けが一番多く準備されています。

国際線

 2019年比にはまだまだ足りませんが、昨年よりも座席数が増えています。

 アジア・オセアニア向けの座席数が一番多くなっています。ハワイ向けが前年の3倍程に増えています。

JALの状況

 続いてJALの2021年GW期間(2022年4月29日(金)~2021年5月8日(日))の予約状況になります。

国内線

 JALの提供座席数も、ANAと同様に百万席を超える提供数になっています。

 増加率はANAと同様に中国・四国方面が1番になっています。提供座席数は、九州方面が一番多くなっています。

国際線

 国際線も10万席を超える量が準備されています。

 方面としてはオセアニア方面が割合的には増えていますが、席数は東南アジア向けが一番多くなっています。

まとめ

 今まではコロナ感染を恐れて旅行に行く事も控えていた方も多かったと思いますが、コロナ禍のGWも3回目となり、感染防止の対策を行いながら旅行を楽しむ事が出来る様になってきたのかもしれません。

 さすがに海外はPCR検査の陰性証明が必要な国が多い為、簡単に行く事は難しいかもしれませんが、ワクチン接種証明で入国できる(保険等の加入は必要ですが)国も増えてきており、ハードルはありますが、一時期よりは低くなったかもしれません。

 国内であれば、PCR検査での陰性や3回のワクチン接種を証明する必要はありませんので、移動のハードルはぐんと下がります。

 GWに旅行される方は、気を付けて楽しんで下さい。