さっきーのSFC修行と旅のまとめ

航空マイルを貯める為のポイントサイトや旅行記をお送りします。

ESTAとは?自分で申請できる?できます。

 さっきーです。

 アメリカに旅行や仕事で行く時には、電子渡航認証(ESTA)が必要です。

 旅行や出張の時には、旅行代理店で取得する事も出来るかと思いますが、自分で申請する事が出来ます。自分でやった方が安く($14/人)なりますので、紹介したいと思います。

ESTAとは?

 VWP(ビザ免除プログラム)参加国の国籍者が、短期(最長90日)の観光・商用目的で、ビザなしで米国に渡航する場合に必要になります。

 就労や留学など、短期観光・商用以外の目的で渡米する場合にはビザが必要で、VWPやESTAを利用する事はできません。

 という事で、日本はVWP参加国になりますので、短期渡航の場合には、ビザは免除で、ESTAの申請が必要になります。

申請はいつまでに必要?

 費用の支払いが完了すれば、審査時間は72時間(3日間)以内と言われています。

 審査完了のお知らせは届きませんので、自分で確認する必要があります。

ESTAには有効期限があります

 ESTAは、1度認証されると2年間有効になります。

 この期間内は、米国へ複数回渡航する事が可能です。

ESTAの支払いは現金では出来ません

 ESTAの支払いは、以下の方法のみ支払いが可能です。

 クレジットカードを持っていない方(学生等)は、クレジットカード等を持っている人が代理で申請する事が可能です。

・PayPal

・クレジットカード

f:id:sakky_mile:20190625234823j:plain

申請はグループでも可能です

 申請するには、グループでの申請が可能です。ご家族の方なら、グループ申請の方がステータスの確認と、一括支払いで管理が楽だと思いますのでお奨めです。

HPを検索する時は注意して下さい

 ESTAで検索すると、申請代行サイト等も一緒に検索されます。

 悪いわけではありませんが、今回は、自分でやるという事に重きを置いていますので、クリックしない様に注意して下さい。手数料も掛かります。

 以下リンクを貼り付けておきます。

Home | Official ESTA Application Website, U.S. Customs and Border Protection

 以下の通り、自由の女神が出てくれば、正式なサイトです。

f:id:sakky_mile:20190623230524j:plain

申請の流れ

 申請の流れとしては、以下の通りです。

 家族の分がある場合には、グループ申請を行う事で、支払いをまとめる事が可能です。

f:id:sakky_mile:20190623230744j:plain

申請してみましょう

 それでは早速申請してみましょう。

①先程の自由の女神の横にある、新規の申請をクリック。

f:id:sakky_mile:20190623230524j:plain

②新規の申請方法を選択する

 「個人による申請」か「グループによる申請」のどちらかを選択します。

 家族の登録をする場合には、一括で支払いが出来る「グループによる申請」がおすすめです。

f:id:sakky_mile:20190623231242j:plain

③グループ申請:グループの代表者の情報を入れる(個人の方は④へ)

 グループの代表者を入れて下さい。

 組織は空欄で構いません。もちろん姓、名はローマ字ですよ(笑)

 グループIDは登録したメールアドレスに送られてきますので、直ぐに確認できるアドレスを選びましょう。

f:id:sakky_mile:20190623231603j:plain

 グループメンバーの情報を入れる場合には「新規の申請書を追加」をクリック。

 以下の白い方のボタンですね。

f:id:sakky_mile:20190623233338j:plain

 

④申請者情報を入れます(ここからは個人の方も一緒です)

 ここからの申請は、以下の流れで進みます。

f:id:sakky_mile:20190625234311j:plain

 免責事項

 「新規の申請者を追加」又は、「個人による申請」をクリックすると

・セキュリティに関する通告

・免責事項

・The Travel Promotion Act 2009

の3つの確認がありますが、「確認」や「はい」を押さない限り先には進めませんので、よく読んで進めて下さい。

申請者の情報

 実は、パスポートの顔写真ページの写真を撮って、旅券をアップデートから読み込ませると、項目を自動で入力してくれるのですが、認識率が低いので、手で入力する事をお勧めします。

  赤の(星)マークは、必須項目です。

f:id:sakky_mile:20190626000232p:plain

 他の名前を持っていないと思いますので、「いいえ」で構いません。

f:id:sakky_mile:20190626224546p:plain

 パスポートの内容を記入して下さい。

f:id:sakky_mile:20190626224625p:plain

 ここから3つは、「いいえ」だと思います。

f:id:sakky_mile:20190626225023p:plain

f:id:sakky_mile:20190626230757p:plain

 以下は日本人は対象外ですので、「いいえ」で構いません。

f:id:sakky_mile:20190626230856p:plain

 両親の氏名、連絡先を入れて下さい。

 連絡先の住所は、英語表記ですので、番地から記載になります。

 ホームアドレスライン1に番地や町名を入れて下さい。

f:id:sakky_mile:20190626230955p:plain

 電子メールアドレスを入れて下さい。

 ソーシャルメディア欄には、特に記載をしなくても構いません。

f:id:sakky_mile:20190626231325p:plain

 勤務先の情報を記載して下さい。勤務経験を「あり」にする事で、各項目がアクティブになります。

f:id:sakky_mile:20190626231458p:plain

 質問に答えて下さい。

f:id:sakky_mile:20190626232103p:plain

 米国内の連絡先は、ホテルの住所と電話番号を記載して下さい。

 米国滞在中の住所は、右側にある上と同じをチェックすれば、記載の必要はありません。
f:id:sakky_mile:20190626232151p:plain

 緊急連絡先ですが、ここだけ入れ方が特殊でしたので、記載例を付けました。

f:id:sakky_mile:20190626232541p:plain

 米国内の知り合いを訪ねるのでなければ、以下の記載で問題ありません。

f:id:sakky_mile:20190626232610p:plain

 次へをクリックして下さい。

 適格性の確認は読めばわかりますので、「いいえ」で記入して下さい。それが終わると、内容の確認とクレジットカード情報を入力して完了になります。

 登録したメールアドレスに、申請情報が来ています。72時間後を目安に確認して、念のため画面の印刷をするか、スクショを持っていくと安心でしょう。

まとめ

 今回はESTAについてまとめてみました。実際に自分でやっても時間は必要ですが、難しい所も「米国内緊急連絡先」の項目位で、あとは項目を読めばわかるかと思います。

 旅行にもお金は沢山かかるかと思いますので、費用削減の為にも是非挑戦してみては如何でしょうか?