さっきーのSFC修行と旅のまとめ

航空マイルを貯める為のポイントサイトや旅行記をお送りします。

19年秋からのANA国内線のプレミアムクラス増席は修行僧にとって朗報か

 さっきーです。

 ANAプレスリリースで、新シートの導入のお知らせがありましたが、それと同時にプレミアムクラスの増席についてもお知らせがありましたので、修行僧にとって良い事なのか考えてみました。

5月末にプレスリリースが発表されました

 今回のプレスリリースでモニター付きの新シートの導入と、 プレミアムクラスの増席をする事が発表されました。

 ANAは2019年秋より、国内線主力機のプレミアムクラス・普通席全席に、パーソナルモニター付きの新シートを導入し、さらに快適で充実した国内線の旅をご提供します。

 2017年秋から、「今までにない機内での過ごし方の提供」をテーマに、国内線プレミアムクラスの食事のリニューアルや、国内線機内Wi-Fiインターネットの無料化、機内Wi-Fiエンターテイメントの充実などに取り組んでまいりました。

 2019年秋から、プレミアムクラスには新たに15インチのタッチパネル式パーソナルモニター付の電動リクライニングシートを導入します。また、より多くのお客様にプレミアムクラスをお楽しみ頂けるよう、これまで最大21席のプレミアムクラス設定を28席まで増席します。

 普通席には、自動車用シート業界でトップクラスのトヨタ紡織と共同開発した新シートを導入します。現在、国内線ボーイング767-300型機にてご好評いただいているシートの快適性をさらに進化させるとともに、国内線普通席としては最大となる11.6インチのタッチパネル式パーソナルモニターを装着します。2017年度より順次パーソナルモニターを導入しているエアバスA321neo型機と合わせて、国内線のパーソナルモニター付き機材は2022年度上期までに計41機となる予定です。

 ANAは、国内唯一の7年連続5スターエアラインとして今後も恒常的なサービス向上に努めてまいります。

ANAプレスリリースより

シート変更の概要

 変更されるのはもちろんすべての機体ではありません。

(1)対象機材:国内線ボーイング777-200型機 8機、ボーイング787-8型機 11機
(2)導入時期:2019年秋予定。2022年度上期までに順次導入

 ちなみに、ANAは、当該機体を以下の数保持していますので、全部が変わるわけではないみたいですね。

f:id:sakky_mile:20190605225446j:plain

 

プレミアムクラスのシート

 プレミアムクラスは、席の色も黒になるようですね。モニターがタッチパネルでも、背もたれによっかかると、タッチパネルまで手が届かないと思いますが。

 ご好評をいただいているプレミアムクラスには、快適性・機能性が向上したSAFRAN社製の新シートを導入します。また、国内線最上位クラスとして、シート全体の質感や色柄、ファブリックなどをより重厚感のあるデザインに一新します。

(1) 新シートの特徴
■タッチパネル式パーソナルモニターの装着
・ANAの国内線中・大型機としては最大となる15インチのタッチパネル式パーソナルモニターを装着。操作性の向上に加え、国内線機内Wi-Fi エンターテイメントとしてビデオ番組やオーディオ番組、電子書籍など約190コンテンツを高画質でお楽しみいただけます。

f:id:sakky_mile:20190603000249j:plain

■快適性、機能性へのこだわり
・タッチパネル式シートコントロールを採用した電動リクライニングシートを装着。
・メーカーの知見も得ながら、シートクッションの座り心地など快適性を追求。
・座席横には、ペットボトルなどが収納できる小物入れを設置。
・90度に回転する大型のテーブルや収納式のサイドテーブルを装備し、パーソナルスペースを拡充。
・プライベート空間確保のため、座席間には大型ディバイダーを設置。
・PC電源・USBポートも設置。
(2) 増席について
今回一新する新シートをより多くのお客様にご利用いただけるよう、国内線プレミアムクラスを増席いたします。

f:id:sakky_mile:20190603000302j:plain

ANAプレスリリースより

普通席の新シート

 普通席のシートは、

 普通席に導入する新シートは、自動車用シート業界でトップクラスのトヨタ紡織がもつ人間工学に基づく座り心地の知見や技術と、ANAが持つ航空機シートにおける安全性や快適性を実現するためのノウハウを詰めこみ、Japan Qualityを追求したシートです。現在、国内線ボーイング767-300型機(6機)に採用し、ご好評いただているシートに新たな工夫を加え、快適性や座り心地を進化させました。シートファブリックはスタイリッシュなデザインで、シート毎に異なる多様な柄をお楽しみ頂けます。
 さらに、国内線普通席としては最大となる11.6インチのタッチパネル式パーソナルモニターを装着し、機内での新たな過ごし方をご提供します。

f:id:sakky_mile:20190603000934j:plain

新シートの特徴
■タッチパネル式パーソナルモニターの装着
・国内線普通席としては最大となる11.6インチのタッチパネル式パーソナルモニターを装着。国内線機内Wi-Fi エンターテイメントとしてビデオ番組やオーディオ番組、電子書籍など約190コンテンツを高画質でお楽しみいただけます。
■座り心地へのこだわり
・現行のシートと同様、身体の根幹である腰をしっかり支えることで、リラックスできる姿勢を保持。
・どのような体格の方にも心地よく、フィットするシートを追求し、身体にかかる圧力をバランスよく分散。
・さらなるフィット感向上のため、背もたれのフレーム形状を最適化し、より広い体格差を吸収する工夫を追加。

f:id:sakky_mile:20190603000949j:plain



■使いやすさへのこだわり
・テーブルやアームレストの高さや角度、形状などを誰もが心地よいと感じるように設計。
・タッチパネル式パーソナルモニターはどのような体格の方にも見やすく使いやすい角度に設定。

f:id:sakky_mile:20190603001008j:plain



・カップホルダーをクローバー型に変更し、紙コップが取り出しやすいように改善。
・シート前ポケットにはペットボトルなどを収納いただける小物入れを設置。

f:id:sakky_mile:20190603001023j:plain

ANAプレスリリースより

修行僧には朗報か?

 777-200型機で7席(1列)、787-8で16席増えるという事は、単純に予約できる可能性が上がると考えて良いと思います。

 現状どの路線に投入されるかが分からないのと、時間も分からないので、予約も出来ないかもしれません。

 しかし、単純に考えても長距離+人気路線、人気路線のどちらかに投入されるのは明らかだと思いますので、沖縄線には登場する事は間違いないと考えます。

 後は自分が乗りたい時間に合うかという事になると思います。

まとめ

 今回は、シートの変更に合わせて、プレミアムクラスが増席になるというニュースを紹介しました。

 数が増えるという事は、単純に考えて予約できる可能性が広がるという事になりますので、ドメ専でSFC修行をやられる方は、プレミアムクラスに乗れるチャンスが増えますので、乗りたい時間に空きが増えるのであれば良い事だと思います。