さっきーのSFC修行と旅のまとめ

航空マイルを貯める為のポイントサイトや旅行記をお送りします。

タイの全ての空港が全面禁煙になりました。('19/2/3~)喫煙者は注意して下さい

 さっきーです。

 タイの空港が全面喫煙になったという事で、注意喚起のため記事にします。

f:id:sakky_mile:20190207225449j:plain

タイの喫煙事情

 タイは、基本的に公共の施設の室内は禁煙の所が多いです。居酒屋でもたばこを吸う場合には、店の外に出なくてはいけない所が多いです。

 もちろん歩きたばこなんてもっての外で、喫煙許可エリア以外では、警察に見つかると罰金5,000バーツを支払わなければなりません。

タイではたばこに関して制限や罰則があります。違反した場合は罰金が科されます。支払いを拒否した場合は身柄を拘束される可能性もあります。
(1)入国時のたばこ持ち込み:一人につき1カートン(200本)まで
(2)電子たばこの持ち込み及び使用は禁止
(3)公共施設や商業施設等では,屋外の喫煙スペースを除き原則全面禁煙
(4)たばこのポイ捨ては禁止

タイ国政府観光庁HPより

とうとう空港にまで

 空港は、喫煙できるエリアが少ないのですが、とうとう全面禁煙になりました。しかもスワンナプーム空港だけでは無く、タイ国内にある6か所の空港が対象になります。

2月3日から,タイ国内の6箇所の空港では全面禁煙となっています。違反した場合は罰金支払いが求められますので,ご注意ください。

タイ国内にある6箇所の空港

 ・バンコク(スワンナプーム、ドンムアン)
 ・プーケット
 ・チェンマイ
 ・ハジャイ
 ・チェンライ(メーファールアン)

では,2月3日から全面禁煙となっています。これに伴い,各空港における喫煙所は閉鎖され,空港ターミナルビルの屋外においても禁煙となりました。違反した場合には5,000バーツの罰金支払いが求められるとのことです。

タイ国政府観光庁HPより

 出発ロビーの前にある喫煙所も無くなったのでしょうね。

電子タバコは持ち込み禁止です

 最初に書きましたが、最近日本ではやっている電子たばこ(加熱式たばこ含む)は、タイへの持ち込みも禁止です。 

日本ではあまり知られていませんが、タイでは電子タバコ禁止条例がタイ商務省から2014年12月27日より発令されています。アイコスをはじめ、加熱式のたばこも含まれます。

違反した場合、最高で10年の懲役、または50万バーツの罰金のいずれかが科せられます。

商売目的でなく、個人的に所持・利用していた場合でも罰せられますので
タイへ渡航される場合は十分にご注意ください。

タイ国政府観光庁HPより

日本行の帰国便近くの喫煙エリアでアイコスを吸っている方をよく見かけますが、持ち込み自体をやめた方が良いです。

実は抜け道があります

 空港内でたばこが吸えないのは変わりはありませんが、空港に入る前に最後にたばこを吸う所があります。

 さすがタイと言うべきところでもありますが、建物入口にある高い木の生えた植え込みを探して下さい。

まとめ

 たばこを吸う身としては切実な問題で、今までタイに到着(スワンナプーム空港)の時には、イミグレまで行く通路の喫煙所や駐車場のビルにある喫煙所、帰国時には、出国ロビー前や搭乗ゲート前、たばこが吸えるラウンジ等でタバコが吸えましたが、今後吸えなくなりました。

 今後はつらい時間を過ごさなければならなくなりそうですが、それも時代の流れという事で仕方ないですね。