さっきーのSFC修行と旅のまとめ

SFC修行のためのポイントサイトやタイの情報や旅行記をお送りします。

ANAのボーイング787-10(ダッシュテン)がいよいよ運航開始されます

 さっきーです。

 ANAより、新規導入されるボーイング787-10(ダッシュテン)の運航開始が発表されました。合わせてシートの発表もされましたので、紹介します。

f:id:sakky_mile:20190406172912j:plain

ボーイング787とは

 ボーイング社の製造する航空機で、757、767、777に次ぐ航空機で、初号機の787-8型機は767に近い全長で胴体が太くなった事によって、エアバスA330よりも太くなったとの事です。

 巡行速度もマッハ0.85となり、マッハ0.83のA330 、A340 より早く、767より燃費が20%向上されています。

787には派生機種があります。

 787には派生機種があります。-10以外に以下モデルがあります。

787-3

 実質存在しない機種ですね。

 航続距離3,500海里(6,500km)、交通量が多い路線を的にした296座席(2クラス制)の短距離型である。発注は全日本空輸と日本航空のみで事実上日本専用モデルと化していたが、開発スケジュールの遅延から発注は787-8に振り替えられて2014年7月現在で787-3の発注数は0機である。2014年時点で製造が中断されているが、発注する航空会社が現れれば製造を再開する見通しである。

ウィキペディアより

787-8

 座席数223座席(3クラス制)であり航続距離8,200海里(15,200km)の787型機の基本型で、最初に開発されたモデルでもある。2007年7月8日にロールアウトし、同年9月末に初飛行する予定であったが、前記の通り初飛行は1年以上遅れ、結果として全日本空輸に初号機が引き渡されたのは3年以上遅れた2011年9月だった。

ウィキペディアより

787-9

 胴体延長の座席数259座席(3クラス制)である。2013年7月27日にロールアウトし、2013年9月に初飛行した。空気抵抗軽減システムのHybrid Laminar-Flow Control (HLFC)や離陸後にギアを早い段階で格納するために浮揚後ギアドアーを自動的に開くEarly Doors Operation (EDO)などを搭載している。ローンチカスタマーはニュージーランド航空で初号機のZK-NZEを2014年7月9日に受領し、全日本空輸は初号機のJA830Aを同年7月27日に受領した。世界初の787-9型定期便運航は全日本空輸で、東京 - 福岡線で2014年8月7日から運航を開始した 

ウィキペディアより

787-10とは

 787シリーズ最長の機体を持ち、座席数も最大にすることが可能です。既にシンガポール航空が国内乗り入れの路線で使用しています。

 座席数290席のさらなる胴体延長型である。エアバス社のA350-900に対抗するために計画された機体である。ボーイングでは777-200ERと競合している。2013年6月のパリ航空ショーで正式ローンチが発表された。サウスカロライナ州ノースチャールストンのサウスカロライナ工場のみで製造する。最初に受領したのはシンガポール航空で、2018年3月25日に初号機(機体番号:9V-SCA)を受領。同年5月3日より、シンガポール - 関西線で就航を開始した。その後、5月19日からはシンガポール - 成田線、7月28日からシンガポール - 中部線、12月19日からシンガポール - 福岡線へ導入し、日本路線に投入していたA330-300を787-10へ更新した。また当社はA350を保有しており、アジア圏でA350が就航している都市の中で需要が見込める路線(787-10はA350-900よりも座席数が多い)を787-10に変える方針も出されている。
 2015年1月に全日本空輸が同型機を3機発注したことで、787-10のローンチカスタマーとなっているユナイテッド航空に続き-8・-9・-10の3タイプを導入することになった。全日本空輸は2019年3月に787-10の初号機を受領し、同年4月26日に成田 - シンガポール線で運航を開始する予定である。

ウィキペディアより

 ANAの公式ツイッターでは、-8との比較動画があります。手前が-10です。

f:id:sakky_mile:20190407230711j:plain

GWに間に合いました 

 787-10は、国内航空会社で初めて導入されました。さらに787の3種類を保有している航空会社は、上記の通りアジアでANAだけとの事です。

 ANAは現地時間3月29日、米国・チャールストンにてBoeingより、787シリーズで最長の胴体を有する最新モデル、ボーイング787-10型機を日本の航空会社として初めて受領しました。受領した初号機は294席(ビジネスクラス38席、プレミアムエコノミー21席、エコノミークラス235席)の国際線仕様機で、3月30日に日本に到着しました。
 これにより、ANAは機内での快適性はもちろんのこと、非常に騒音が少なく燃費効率が優れた機材として定評のある787型機の全3機種を保有するアジアで唯一の航空会社です。

ANAプレスリリースより

 シンガポール線はGW前に就航出来ましたね。バンコク線は乗る機会があるかもしれないので、フライト時間の確認が必要ですね。

 同機材は、2019年4月26日より成田=シンガポール線に、同年7月1日より成田=バンコク線を運航します。2020年度末までに合計3機の受領を予定しており、順次東南アジア路線に投入していきます。

ANAプレスリリースより

シートマップ

  以下シートマップになります。ビジネス、プレエコ、エコノミーの設定となります。

f:id:sakky_mile:20190407230645j:plain

全294席

ビジネス 38席

f:id:sakky_mile:20190407231414j:plain

・全席通路ダイレクトアクセス、フルフラットになるベットシート

・18インチタッチパネル式の大型液晶ワイドスクリーン

・大型テーブル、大型サイドテーブル、PC 電源、USBポートを装備

プレミアムエコノミー 21席

f:id:sakky_mile:20190407232020j:plain

・ゆとりある38インチ(約97センチ)シートピッチ

・15.6インチのクラス世界最大となるタッチパネル式パーソナルモニター

・約90度に開店する大型テーブルを採用(通路へのアクセスが容易)

・レッグレスト、フットレスト、PC 電源、USBポートを装備

・ヘッドレストは6方向に調整可能

・携帯電話など、小物の収納スペースが充実

エコノミー 235席

f:id:sakky_mile:20190407232433j:plain

・最新最薄軽量シートを採用

・34インチ(約86センチ)のシートピッチ

・13.3インチのクラス世界最大となるタッチパネル式パーソナルモニター(最前列は11.6インチ)

・ヘッドレストは6方向に調整可能

・PC 電源、USBポートを装備

エンターテイメント

 エンターテイメントも使いやすいデザインに一新されます。

f:id:sakky_mile:20190407232930j:plain

・シートモニター画面のデザイン、および機能を一新

・最新のタブレット端末の様なスワイプ式のデザインを採用

・対応言語を現行の6言語(日、英、中文簡体字、中文繁体字、仏、独)から11言語(日、英、中文簡体字、中文繁体字、仏、独、韓、スペイン、タイ、インドネシア、ベトナム)に拡充

・ANAFlight Pathで新3Dマップを採用し「フォートラベル」の観光・レストラン情報を提供(東京および海外就航都市計44都市、約1,200件の口コミ情報)

まとめ

 ANAがエアバスA380の運航開始前に、ボーイング787-10(ダッシュテン)の運航を今月末から開始する事になりました。

 最初に成田=シンガポール線に 導入されるとの事で、シンガポール航空とガチンコに勝負ができますね。

 バンコク線にも導入されるとの事ですので、機会があれば是非乗りたいと思います。

 他にどの路線に導入されるのか楽しみですね。